2005年04月08日

Carnivale #1.11 『Day of the Dead』

教会でミサを行っているジャスティン。しかし、聖餅の代わりにカミソリの刃を信者の口に含ませている。それに気づいたベンはジャスティンと睨みあう...。ルーシーのベッドで夢から覚めたベン。優しく声をかけるルーシーに、昨夜の事は間違いだったと言い放ちトレーラーを出て行ってしまう。

リビーとお酒を飲みながら話していたソフィーは、自分たち二人が激しく愛し合っている場面を予知する。さらに自分の掌に聖痕のような穴が開き、血が流れるのも見るのだった。

町の酒場で一人酒を飲むベン。周りが騒がしいのは何事だと店主に尋ねると「死者の日」のお祭りだと言う。死者の魂が戻って来るのだと。店を出たベンは、まだ小さい男の子が大勢の大人たちに追いかけられているのを見る。その男の子の体には、夢に出てくる刺青男と同じ木の絵が描かれていた。ベンの周りに子供たちが泣きながら集まって来る。物乞いかと警戒したベンだったが、そうでは無く「ベンの失ったもの」に対して泣いているのだと言う。教会の懺悔室に入ったベンは、神父に今まで犯した罪を告白する。そして一番重い罪は、ある人を見殺しにしたしまった事だと話した。すると神父は、君の母は自ら死を望んだのだと答えた。なぜ知っている?とベンが顔を上げると、神父はスカダーだった。慌てて神父側のドアを開けるが、そこには誰もいなかった。

ジャスティンの家を訪ねたバルサスはアイリスに先日教会で見た事を話していた。ジャスティンの額に血の十字架が現れた事を。アイリスは何かの見間違いだと主張するが、バルサスはジャスティンが悪魔に取りつかれたに違いないと言う。そこにジャステインが戻って来ると、バルサスは用事を思い出したと言い帰るのだった。

ソフィーはリタ・スーにジョーンズとの事を相談していた。昨夜せっかくいい雰囲気になったのに、ジョーンズがなぜか身を引いてしまったと。リタ・スーはジョーンズよりもっといい男を探すようアドバイスする。ジョーンズと付き合えと言ったのはリタ・スーなのにと不思議に思うソフィー。うまくソフィーを騙したつもりのリタ・スーだったが、ジョーンズからきっぱり別れると宣言されてしまう。

ベンはサムソンに決心を伝える。ロッズではなくサムソンについてゆくと。そして夢の中だけではなく、起きていてもスカダーが見えるようになった事を相談する。だがサムソンには理由が分からず答えられなかった。

トミーからジャスティンが精神病院に入れられていた事、教会が放火される少し前にジャスティンの車が目撃されていた事を聞かされたバルサスは、アイリスに警察沙汰になっては司教も乗り出してくると警告する。

オーナーと良からぬ企みを練っていたロッズは、町のペット屋に行き毒ヘビを買って帰る。

ルーシーはサムソンにベンの話をする。私が年寄りだからうまくいかないのかと。サムソンは歳の差は関係ないと慰めるが、ベンとは関わらない方がいいと忠告する。ルーシーも知っての通りスカダーも問題を抱えていたが、ベンのはその10倍もあると。

カタリーナがヌードダンスを始めると、リタ・スーが乱入して邪魔をする。怒ったカタリーナはリタ・スーの居ぬ間にスタンピーを誘惑する。しかしスタンピーはリタ・スーとカタリーナのどちらを選ぶか決められないと言う。カタリーナは占いで決めてもらえばいいと、スタンピーをソフィーのトレーラーに連れてゆく。占いを始めたソフィーは、リタ・スーがジョーンズと浮気している事、リビーもそれに気づいている事を知る。

アイリスは放火事件について司教までが乗り出してくるかも知れないとジャスティンに話す。ジャスティンは、警察だろうと司教だろうと誰が来てもやましい事は一つも無いので大丈夫だと答える。するとアイリスが、自分にはやましい事があると言う。大勢の子供たちが犠牲になったのにと姉を責めるジャスティン。だがアイリスは、あくまでもジャスティンのためにやったのだと言う。それに、そのおかげで莫大な寄付金が集まり、もっといい教会が建てられるようになったと。怒りに身を任せたジャスティンは、姉の首を絞めながらその唇を奪う。そして今度は姉をソファーに押し倒し...。

一人でトレーラーにいたルーシーは、ロッズが忍ばせた毒ヘビに咬まれてしまう。それに気づいたガブリエルはベンに助けを求めるが、その時にはすでにルーシーの息は無かった。ベンはルーシーの遺体を誰もいない場所まで運び、みんなに気づかれず生き返らせようとするのだが...。

* * * * *

CARNIVALE』 シーズン1 第11話。
ベ、ベンくん、君は学習能力ないのか? 手の骨折を治すのに池の魚がみんな死ぬ程の代償がいるっちゅうのに、死体を生き返らすのに誰もいないとこ行ってどうするんだと・・・。
次回はいよいよシーズン・フィナーレです!
※ 登場人物は公式サイトをご参照ください。
http://www.hbo.com/carnivale/cast/index.shtml

タグ:海外ドラマ
posted by キント at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン1
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。