2006年09月09日

Carnivale #2.01 『Los Moscos』

CARNIVALE シーズン2 第1話。

ベンに首を絞められたロッズが息絶えたと同時に、ルーシーは息を吹き返す。自分を利用してロッズを殺させたと、オーナーを責めるベン。オーナーは、お前を目覚めさせるためにやったのだと言い、ベンに未来のヴィジョンを見せる。砂漠の実験場に独り立っているベン。激しい爆音と閃光と共にキノコ雲が立ち上がる。爆風に耐えるベンの前には、夢に現れる神父 (ジャスティン) が立っていた...。その神父を滅ぼさねば、世界は破滅すると告げるオーナー。そして、神父を倒すには、ベンの父スカダーが必要だと言う。スカダーを見つけて、私の前に連れて来いと命令され反抗するベン。お前は何者だと言うベンの問いに、オーナーは夢でいつもスカダーを追っているロシア兵ルシアスだと正体を明かす。

小高い丘の上に立つ奇妙な木の夢を見るジャスティン。丘に上ってみると、その向こうには大きな教会があった。そして、そこに全身に木のイレズミを彫った男が現れる...。発作を起こし倒れたバルサス神父を見舞った帰り道、ジャスティンは夢で見た木を見つける。丘に上ったジャスティンは、ここに大きな教会を建てると姉アイリスに話すのだった。

ジョーンズに助けられ一命を取り留めたソフィーだが、母アポロニアは焼け死んでしまった。自分を責めたソフィーは、皆の前から静かに姿を消してしまう。

スカダーの手がかりを探るため聖堂騎士の教会 (#1.10 参照) に忍び込んだベンは、ケリガンという男がスカダーと親しかったと知る。

番組に出るため、ラジオ局に来たジャスティン。そこに現れた見知らぬ男は、スカダーという男を自らの手で殺さねば、真の預言者にはなれないと告げた。番組が始まり、ジャスティンが説教を垂れ始めた途端、局の設備では出るはずのない強い電波が出ていることに気づくトミー。その頃、とある刑務所でラジオを聞いていた凶悪犯ストラウドは、ジャスティンが自分の名を呼んだような気がした。

* * * * *

うは、結局シーズン1の紹介が終わってから1年半ぐらい空いてしまいました。
※ 登場人物は公式サイトをご参照ください。
http://www.hbo.com/carnivale/cast/index.shtml

タグ:海外ドラマ
posted by キント at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン2

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。